女子一人旅のすすめ

9月から、常勤で働きはじめた独女子です。
一人旅は、最近は、5月に、ツアーですが、憧れの英国に行ってきました。そちらの日記をツラツラ書きつつ40代のプラプラしたおひとり様の日常を、描いています。

英国ツアー1人旅㉒2017.5.22 ハリポタ

本日の朝食ブッフェ。いつも、朝は、こんなもの。


本日は英国最後の日。
12時までには、ホテルをチェックアウト。→9時出発のため、機内持ち込み用バッグだけホテルのスタッフに預けてスーツケースは、部屋のドアの内側に置いた。(やはり、ロンドンだからか?スーツケースは、盗難防止のため、内側らしい)


今日は、自由行動の日。
15時までにホテルに戻ること(時間については、前日の確認)になっている。


でも、ほとんどのツアー客が、ツアコン(たぶん、これは、仕事と関係ないと思う。ツアコンさんの優しさツアー)さんと一緒の行動で、近衛兵の交代式、ランチ(は各自)、ナショナルギャラリーツアーに出かけた。


9時出発で、ハイストリートケンジントン駅まで行くので、私も、切符の買い方や、電車の乗り方を教えてもらいたかったので、ノロノロ皆様のあとに付いて行く。


ここで、やはり、一緒に行って良かったという事態があったの。切符の買い方が、難しかったの。
お金で購入すると、COINしか使用できなかったり(しかも、使用できるCOINが限られていた)、カードでもエラーが出たりと。。。ロンドンの自販機は、難しかったわ。日本の自販機は簡単だしエラーがないね。
しかも、切符が、かなり高い。
私は、一日フリー切符にしたけれど(しかも、ぎりぎり、COINが間に合った)ゾーン1で、12£(1.920円)。現金で一枚づつ購入だと、4.8£(768円)もするので、地下鉄を4回乗車するので、こちらの方がお得。(何日かロンドンに滞在する方は、オイスターカードの方がお得。それにしても高い) ※私は1£=160円計算



ツアーの方は、ビクトリア駅方面に。私はキングスクロス駅に行くので、ここからは、一人旅。



本来は、サークルラインで、乗り継ぎなし1本で行ける電車だったけれど。マリルボン駅で乗り換えだった。
同じ、ホームでの乗り換えだし、直ぐに電車も来たの。しかも、安全だった。値段も高め設定だからか?ロンドンが安全だからか?わからないが。。。(パリ滞在時は、道すがら、怖くて。。。常に走っていた。地下鉄も恐ろしいイメージだったので、近寄らなかったけれど。。。)


そして、あっという間に、キングスクロス駅に到着。



さて、なぜ、ここに来たかったかというと。。。




そうなの!


9と3/4ホームに来たかったからなのよねえ。

まあ、他にも、個人的にいろいろ行きたい場所はあったけれど(クリスティの故郷トーキーや、ダウントンアビーロケ地、アリスミュージアム、シャーロックホームズ博物館等。。)


中でも行きたかったのが、ハリーポッター関連の場所。
ハリポタ本全巻持っている、映画も全部観に行ったくらいには、好き。→かなり、好きな方?


本当はね。。。ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアーに行きたかったのだけれど。時間的に無理だった(最終日のフリーがどのくらい時間がとれるのか、良くわからなかった)ので、キングスクロス駅にある、このショップに行こうと、ツアー申込時から考えていたの。


ただし、地球の歩き方には載っていたけれど。
いまいち、どこにあるのか、場所がわからない。。。




出発前に行った方のいろいろなブログを読んだりしたけれど。。。やはりよくわからないまま当日を迎えた。


キングスクロス駅(まあまあ広い構内)に行っても、看板や目印が無いの。


結局、駅員さん、の方、警備員さん風(清掃員)の三人に聞いて、40分後にやっと、辿り着いた(笑)。


結論から言うと、私が降りた地下鉄の駅側からは、横断歩道(二人の方が、クロスロードと行ってくれたけれど。私はクロスロード=横断歩道とわからなかったの)を渡って、別建物内にあったの。


地下は繋がっているので、9番線を目指してエスカレーターで登ってくれば迷わず来れると思う。(帰りはそのルートにしたら、迷わなかった)
または、別建物に着いてしまったら、一階の を背に、左手に大きな時計があるので、そちら側の出口から外を出て、横断歩道を渡り、進行方向右手に見える大きな建物内にある。




最後に聞いた警備員風な方が、「ヒアー」と、大きな建物を指挿してくれたとき、ほっと、したわ(心のなかでは号泣だよ)。


建物=駅構内で、すぐに、目の前の行列が、ハリポタショップの列だと分かったわ。



      


こちらの列に並ぶと、写真が撮れるサービスをしてくれる。



      


マフラーを貸してくれて、こんなふうに、写真が撮れる。

台紙に入れてくれ、2ポーズを専用のカメラマンが撮ってくれ、一枚で9.5£(1.520円)


高いようだけれど。。。地下鉄の一日乗車券のが高い(笑)。


 



ハリポタオフィシャルショップ


    


私も、もちろん、写真を撮ってもらったよ。→この写真を見せると、友人が笑顔になる。


貸してくれるマフラーは、「ブルー?グリーン?」と係の女の子が聞いてくれたので、私はすかさず「グリフィンドール、カラー!!」と言ったの。茶色がグリフィンドールカラー(ハリー達がいた寮のカラー)なのさ。

1パターンは、こんな風にポーズ。魔法を使って、壁から、プラットホームに行くシーンの撮影。2パターン目は跳んでだが。。。まあ、軽やかには跳べず。。。
購入するときは、どちらにするか、選べる。


マフラーがはためいているのは、女の子が、うまく、はためかしてくれる。合成ではない。


そして、私は今回も、並んでいる、親切そうな方にカメラシャッターをお願いし、撮ってもらうことに成功した。(親切な皆さんのおかげで、記念の写真がたくさんできた)





ショップはハリポタファンの子供たちで大賑わい。

写真スポットは、1時間くらい並んだけれど、ショップに入るのには待ち時間がなかった。



原作本や、DVD。Tシャツ。




お土産を大人買い。
大人で良かったと思う瞬間だわ。


でも、まだまだある£(笑)。





★ブログのランキングに参加しています。押してくれると励みになります★


にほんブログ村


にほんブログ村