女子一人旅のすすめ

40代ですが、まだ女子です。
4月に行った熊本から黒川温泉までのプチ九州横断旅行の記事を記載していきます。また、2011年のフランスツアー旅行記、2010年のバリ旅行記などなど、おいおい記録として残していきたいです。

『ルーム 』を観た


  ルーム  Room★★★★


 


2015  アイルランド・カナダ合作


 監督レニー・アブラハムソン   主演ブリー・ラーソン




【あらすじネタバレあり】



アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。17歳のときに誘拐され、7年間監禁されたジョイ(女性・母親)。
彼女は、そこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。ルームが、ジャックの世界。
5歳の誕生日の次の日、そこから、脱出しようと、ジョイはある計画を立てる。



【感想ネタバレあり】



フィクションとノンフィクションの間のような作品。もちろん、ドキュメンタリー風には撮っていないのだけれど。俳優(子役)が、現実にいるように錯覚するくらい、リアリティがあった。
子役が凄くリアリティがあって。本当に、憎らしいところもあるくらい、現実の子供だった。(もちろん、大半は、可愛い)


脱出のシーンは、良い意味で、ハラハラした。巻き戻して、もう一度見たほど。
ジャックが、脱出して、警官に保護されるのだけれど。最初は、警官は監禁されていたとは気づかないの。ジョイが持たせていた紙(誘拐されたこと等を書いたもの)をジャックは、無くしちゃうし。ジョイの名前も忘れちゃうし。警官は、ジャックのことを、なんなら、信仰宗教をしている母親に育てられたのか?と考えるくらい。でも、だんだん、話を聞くうちに、女性警官が、これは、監禁?と気づくの。
このシーン、ミステリーの謎解きみたいで、ドキドキした。



劇評には、部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため脱出計画を企てる母親となっているのだけれど。
映画を見る限り、私には、自分のために、子供を利用して、脱出計画をたてているように見えた。(極限状態にいるからね。子供がどうなっても、脱出したかったようにみえた)
なのでね、物語の終盤で、二人(ジョイとジャック)は、別れて、暮らしたほうが良いのでは?と思ったの。
ジョイは、まだ、23歳だよ。これから、新しい人生スタートしても良いと思う。ジャックを見るたびに、犯人(監禁者)を思い出すんだよ。年をとれば、ジャックは犯人に似てくるだろうしさ。
ジャックだって、何も知らないところで、新しい養夫婦に引き取ってもらった方が幸せだと思う。(子供の方が、適応早いだろうし)



とか、考えてしまうくらい、リアリティのある映画。



主役のジョイは、この映画で、第88回アカデミー主演女優賞を受賞した。ずっと、素顔で出演し、まさに、体当たり演技だったと思う。



自分の今までの人生や、これからの人生を考えさせられる映画だった。




★ブログのランキングに参加しています。押してくれると励みになります★


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村



2月の生け花その2をうちで生けてみた


昨日は、出かけていたので、ブログお休みしちゃった。ので、昨日の分の記事です。


いつものように、生け花をうちで生け直したの。
最初の画像は、習った日にすぐに生けたもの。







こちらは、2日開けて、更に生け直したもの。


こちらの方が好きかな。小さい器には、淡いピンクのグラディオラスが映える。




昨日は、友人と、川越に観光に行ったのだけれど。
はあ。
疲れた。


その友人は、とあるお店(私が美味しいと思って、連れて行ったの)に入ってから、そこの店の悪口ばかりだったの。私は美味しかったのだけれど。。。あまりに料理に対して、酷い(5分以上は言っていた)悪口で、最後には味もわからなくなったほど。


帰りの電車では、私がとある芸能人の名前を挙げたら、また悪口。その芸能人の悪口がこれまた酷いの。やはり、5分くらいかな。
「その芸能人、私が好きだと知っていて、悪口言ってるの?」
「いや。ただ、嫌いだから、思ったこと言っただけ。好きなの?」
「。。。いや。そんなに好きでは。。ないけれどさ。。」
思ったことを口に出して良いのは(場所をわきまえずね)、子供しか許されない(子供だって、しないかな)と思うのだけれど。。。


もし、その芸能人を私が好きだったら。。。?とか、考えられないのかな?(好きでも、構わず悪口言う態度だったのよね)
お店の料理だって、たとえ、不味くたって(私は美味しかったのよ)、その店の中で言うのは失礼だよね。


例えば、お店の中で、「不味いよね」「そう?私は、美味しいけれど」のラリー一回でも、お店の中では、失礼だと思う。
お店出てから、言えば良いじゃないの。



もやもやしていたので、本日、やんわり注意したら(今後のこともあるから)、逆切れされた(笑)。
まあね、自分の間違いを指摘されたら、嫌だものね。


もしかして、間違いとも思っていないのかな。。。



     


こちらも、生け直した花(花瓶バージョン)。次の画像が、その3日後。




まあ、でも、イタイ友人が、仕事仲間ではないだけマシですかね。
友人の良い部分もあるとわかっている(わからなかったら、切るな)けれど。仕事仲間だと良い部分を知らないからね(私は、仕事場では、仲猫被ってるから)。怒りしかないものね。。。



もし、私の意見に賛同して下さるなら、以下、押して下さいませ。



★ブログのランキングに参加しています。押してくれると励みになります★


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村


冬の札幌旅行記 2015.12⑥


昨日と同じレストランで食事。今日は、和食中心にしてみた。



 


10時ごろ、3日間、居心地良かったお部屋をチェックアウト。

荷物(着替え、ブーツ等が入っているため、本格的なスーツケース)をフロントで預かってもらう。
14時くらいに出発のバスに乗る(本日、泊まるホテル行き)ので、それまでは、まだ、時間があるの。


地下鉄南北線  大通 → 南平岸 250円



 



雪が積もっていましたが、そこまで寒くなかったので、今回もHTBにお邪魔したよ。


やはり、どうでしょうバカ(ファン)としては、聖地(HTBのこと)に今回も行かなくては。





12/1は、onちゃんの誕生日。
誕生日の飾りつけあとが、あったよ。




今回は、DVD22弾発売記念の展示。



平岸台公園は、雪に覆われていたよ。


いつものように、平岸高台公園で、写真撮っていたら、どうでしょうファンの方から「写真撮りましょうか?」と声をかけられ、パシャリ。
「私こそ、撮りましょうか?」と声をかけると、「大丈夫です。先日撮りました」とのこと。
本当に、親切な方が、多いなあ。心が、洗われるわ。



地下鉄南北線  南平岸 → 大通 250円





自分のお土産に、赤れんがテラス内の coron(パン屋)で、道産とうきびリュスティックを購入し、プロントで一休み。


PRONTO IL BAR ロイヤルミルクティー 360円★★★



地下通路内にあるお店。
地下通路内て、カフェが何軒もあって良いよね。地下通路だから、夏は涼しく、冬は暖かい。しかも、禁煙。歩きタバコもなく、快適空間。
席もたくさんあるし、落ち着く。


さて、このあと、ホテルにスーツケースをとりに行って、いよいよ、目的の場所に行くよ。




★ブログのランキングに参加しています。押してくれると励みになります★


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村